建具|TATEGU
建具とは、建物の開口部に取り付けられる仕切りのことです。開いたり閉じたりする機能を持つものや、はまったまま動かないものなど、様々な形と用途のものがあります。
一般に、戸、扉、窓として様々な材質と機能を伴い、時には装飾性をも兼ね備え、
住空間 の中で住まう人の快適さを保つ役割を果たしているのです。

その種類としては、例えば、ドア、引戸、板戸、格子戸、障子、襖、欄間、網戸、雨戸、フラッシュ戸、
ガラス戸、ガラス障子、そして、様々な形のパーテーションや移動壁なども含まれるでしょう。
当建具店では、こういった建具のオーダーメイド製作、修理、改修などのご相談を受け付けております。
施工例の紹介
  • 障子障子紙を通して室内に穏やかな光を取り込めます。
    白木の骨組みの幾何学的な美しさも魅力です。
  • 軽量さが持ち味の建具。襖紙の色や柄で
    部屋の雰囲気を変えることも可能です。
  • 引き戸フラッシュの手法で、様々なデザインの
    オーダーメイドの戸を製作することができます。
  • ガラス入り引き戸室内用のガラス入り引き戸。中央部分の横格子が
    引手の機能も兼ね備えたデザインとなっています。
  • 木製ドア室内用の木製ドア。細い格子のアレンジが和の雰囲気。柱や腰板と呼応して日本的な空間を演出。
  • 内障子伝統的な障子を窓の内側にはめ込む内障子。障子紙を 通り抜け部屋に入る光には穏やかな表情があります。
  • 小さな扉

    子供が遊ぶコーナーのパネルに作られた小さな扉。
    曲線デザインで優しく可愛い仕上がりとなりました。

  • 木製ドア古い蔵の重厚さにマッチするデザインの木製ドア。 古民家の再生利用には木の温もりが不可欠です。
  • 木製枠の窓蔵の壁に幾つかの木製枠の窓が取り付けられました。 建具の工夫で新たな空間が生まれます。
ちょっとした造作建具で、室内を和風の雰囲気に
建てつけが悪くてすべりにくくなった襖、障子、引戸の修理、改修
襖の張り替え、障子の張り替え
古いドアを新しく
古い雨戸を新しく
その他の最新施工例はこちらへ
建具に関する受注の流れ 建具に関する受注の流れ
STEP 1. お客様よりのご依頼を受け付けます。
STEP 2. 当社の担当者がお伺いして、現地にて色、素材、寸法などの打合せをさせていただきます。
STEP 3. 見積書を作成、提出いたします。工事請負契約書(支払い条件を含む)を取り交わします。
STEP 4. オーダーが確定しましたら当社工場での製作にとりかかります。
STEP 5. 家具が完成いたしましたら、搬入および取付けの作業を行います。
※請負金などの支払い条件は、契約金額により若干異なりますので、ご相談、お見積りの際に具体的にご案内させていただきます。
株式会社山下建具店 〒710-0142 岡山県倉敷市林130番地
086-485-0172
Copyright (C) Kabusikigaisha YamashitaTateguten. All Rights Reserved.